設立と印鑑証明

合同会社の設立と印鑑証明について

設立と印鑑証明近年になって設立することが出来る様になったたらしい法人の形として合同会社と呼ばれるものが知られるようになってきました。当初は知名度の低さから敬遠されることも少なくありませんでしたが、株式会社には無いその仕組みにメリットを感じる経営者が合同会社という枠組みを選択するケースも増加傾向にあります。一般的な事業目的の活動を行う場合の選択肢としては相変わらず株式会社が圧倒的なシェアを誇っていると言えますが、そこで敢えて合同会社を作るという選択をする経営者も少なくない数になってきています。

合同会社も株式会社と同じく法務局に設立登記をすることで作ることが出来る法人であることには変わりありません。法人格を持ちますので銀行口座を作ることも出来ますし、印鑑証明を作ることも出来ます。この様な仕組みがビジネスの中で必要になる場合も少なくなく、法人化を必要とする何らかの事情を持つ場合の選択肢として徐々に認知されるようになってきているのです。

この様な選択肢を取る経営者の中には個人事業主が少なくありません。合同会社の特徴は株式会社に比べて様々な決まり事が緩やかであるという特徴が存在しており、小規模事業を行うための法人格としては便利な環境にあるものだと言えるのです。定款と呼ばれる書類に記載をすれば会社法に反しない限りは様々な取り決めを行うことが出来るのが最大の特徴であり、株式会社の様に株主の権利などを考えて自由度を制限される様なケースはあまりないと言えるでしょう。

そんな合同会社を設立する理由として多いのは会社を作ることにより法人格を取得することに手間以上のメリットがある場合であると言えるでしょう。例えば税制上のメリットを大きく得ることが出来るタイミングと言うものが存在しており、消費税の課税事業所になるタイミングなどは一般的に法人化を検討する時期になります。これは消費税の一定期間の減免制度が存在するためであり、大きなメリットがあるのです。または契約上法人格が必要であったり、法人印による印鑑証明が必要になる場合などが考えられます。個人と法人を比べるとどうしても個人の信用は劣るものであると言えます。

そのため法人格を取得して会社となることがビジネスの新工場どうしても必要になるタイミングと言うものがあるのです。その様なニーズに応える手段として比較的自由度の高い合同会社という枠組みを選択する経営者が増加傾向にあるのはある意味で時代の流れであると言えるのではないでしょうか。

最近の投稿

バナー